衆院選自公圧勝

12.14の衆院選挙は戦前の予想通り自公勢力の圧勝となった。安倍首相の解散戦略は図に当たり権力基盤は強化された。来年の自民党総裁選も早々と

再選機運が高まっている。

対抗する民主党は前回選挙の大惨敗から議席を増やしたものの、海江田党首の落選が象徴するように今回も敗北の感は否めない。他の野党も自公民の対立軸となるような勢力の台頭は見られなかった。

自公圧勝であるが気になるのは投票率で、推定52.3%は戦後最低である。M字ハゲ治療若者の投票回避に歯止めがかからない。政治への無関心、期待がないことへの表れと思う。このことは自分たちは期待しないし、批判もしないから自分たちへも干渉するなという意思表示とも思われる。国家への忠誠心の欠如であり、公民としての意識が薄れることを意味する。その先に待つものは何かと考えると空恐ろしいものがある。一人一人の勝手な思いだけで社会は成り立たない。

絶対権力を得た安倍政権の責任は重い。景気を回復させる、財政再建の道筋をつける。これは待ったなしの公約であり、政治が責任を真摯に果たすことで若者の政治離れにも歯止めをかけてほしい。

最近ひとりしゃべりが止まりません

ここ最近、段々と寒くなってきたからか、自宅のアパートにいるという事も多く、なんとなくひとりになりがちになり、特にアパートでのんびりしている間は、ひとりしゃべりが中々止まらなくなってきました。

単にテレビなどを観ている時にツッコミを入れたりするくらいなら、分からなくもないのですが、何もない空間にべらべらとしゃべったりしている事があります。

まぁ、ある程度自制が効くので、基本的には一人でいる時だけで、外出の移動中などはあまりしないし、誰かいるときは殆どしていないのですが、個人的に不思議な現象だと思っています。

あまり実害はないと思っているのですが、あまりにもエスカレートすると、引越し 比較自分でぐったり疲れてしまうので、そういう意味ではがんばりすぎないようにしようと思っています。

まぁ、だからといって必ずしも無理して黙っていないといけないというわけでもないと思っているので、基本的には深く考え過ぎないようにしようと思います。

宅建に落ちた人が行政書士を受ける…?

昨日、今年の宅地建物取引主任者試験に惜しくも31点(合格点は32点)で落ちてしまった人から愚痴のメールが入りました。「ううむ、惜しかったから来年はしっかり勉強すれば合格できるだろう。」と答えたのですが、その人は何と「来年は行政書士に挑戦する!」と宣言。行政書士には詳しくないが、合格率そのもので判断する場合、宅建よりも合格し難い試験なのは間違いない。

本人にその点を指摘し、もう一度宅建を受験する方が合格率は高いだろうと進めました。するとその人の答えは意外なもので「一度落ちた試験はある程度知識がついている。それよりも他の全く知らない業界の知識をつけた方が自分の役に立つ。」と豪語。

何か目的があって受験する場合は別として、銀行カードローン一覧教養のしての学習ならそういう選択肢もアリなのか?と普段あまり考えない視点の意見を拝領しました。しかし、最低限試験に合格する程度の知識はないと、その法律及び試験に対する知識としては不完全なのではないか。ううむ。本人が満足すれば良いんですけどね。

これから色んな受験が行われるシーズンですが、あまり気負いなく受験して、合格を掴み取っていただければと思います。

高橋みなみさんの卒業について。

AKB48で総監督をされている高橋みなみさんが卒業されるそうですね。
ちょっと以外でびっくりしました。
もう少し長くいるのかなぁと思っていたので。
少なくとも、小嶋陽菜さんのほうが早く卒業されると思っていました。
しかし高橋みなみさんって23歳なんですね。
びっくりしました。
しっかりしているし、もう長くAKB48にいるので25歳くらにはなっているのかと思っていたのですが。
23歳とか一番いい時期ですよね。
卒業して恋愛を始めるにもまだ、経験が少ないという状況はぎりぎり許される歳のような気がしますしね。
あまり歳をとってしまうと、恋愛のブランクがありすぎる上に、年齢のひきめを感じ、更に年齢に対する焦りも重なりという三重苦になってしまいそうですよね。
仕事の面でも1人で番組に出ているのを見ると、落ち着いてきたなぁと思います。
前はもっとがっついていた雰囲気でしたが。
そんなこんなの面で、卒業するにはちょうど良い引越し安くて丁寧時期なのかもしれませんね。

みかんのケーキが最高

友人が購入してきてくれたケーキを、2人で食べることができました。そのケーキを2人で食べるのは、いつものことなのです。その2人のうちのどちらかが、話をしたいと思った時など、連絡を取り合い、直ぐに集合して、存分に話をすることにしています。

そしてその話のお供として、訪ねるほうが、ケーキを買ってくることにしているのです。自動車保険比較 安いそのことから、私の自宅では、再々ケーキを食べるようになっています。

そしてそのとき、とてもおいしいケーキを食べることができました。それはみかんで作られたケーキです。そのみかんで作られたというのは、そのスポンジの中にもみかんの果汁を入れているということなので、その風味を存分に堪能することができました。本当においしいケーキでした。